LINK
お店で全部のクレカが決済可能なのでもありません。■クレカ会社の加入店は一般的には、多くのクレジットカードのブランドと契約しているわけですが、残念ながらみなの加盟店であらゆるサービスのクレカが決済できるんではありません。例をあげていうと古いタイプの契約店舗のときはJCBの印の入っているそのクレジットカードしか使えないときもありますし今日日の商店だったりするとビザとかマスターカードのロゴのついているクレカしか切れない場合もよくあります。銀聯カードといったクレカの場合はもっともっと使えない場所が増えると思います。どのロゴのカードが使用可能かというのをどのように見たら良いか「それならどのようにして何のブランドのクレジットカードが使えるか見分けたらいいのか?」といっても、きちんとしたことを確かめるんだったらそこの人に問い合わせてみるのみ、というのが実は正しい回答です。だが大抵の売り場やホテルにはお店の見えるところに使えるカード会社の印がプリントされている加盟ステッカーが貼られていることから、「ああ、あそこの店はアメリカンエキスプレスカードが決済できるんだな」といったことが不安にならないようになっているため確認してもらえると思います。とはいっても、十分に加入管理が行き届いていない加入店の場合にはロゴが貼り付けられている場合でも「ここではご使用のクレジットカードは使えません」といったような返答をもらってしまうなどということもあるので、頭が真っ白になってしまうことだけは避けたいところです。お勧めとしてはできる限りは全ての加入店でカードが決済できるようにする目的を考えると別の種類のブランド(欧米圏のマーク)がはいった一般的なダイナースカード、アメックス、などのクレカを複数携帯するようにしたほうがいいでしょう(例:VISAカードをいつも使っているなら他方はダイナースカード契約のクレジットカードを契約するといった方法)。日本では、VISAカード、マスターカード、JCBカードの3つの印が書かれているカードをその都度所持していれば間違いなくほとんどの契約店でいずれかのカードを渡すよう準備万端というわけです。カードを使用して有効にスマートな支払いを継続していくには、きっちりと上記のクレカを契約しておいていただくことをお勧めします。