LINK

外為市場のFX(外国為替証拠金取引)を、考えていきます。アルクもう一度英語ビジネス Plus

FXとは二国の通貨を交換することでそれらの差し引きした利益を得られるといったようなやり方となります。

このように二つの異なる国のお金の関係で発生する差をスワップ金利と呼ぶのです。

こうしたスワップ金利のことは、正式にはスワップポイントと呼んでいるとのことです。

外国為替証拠金取引(FX)のスワップ金利とは、毎日獲得する事ができますがしかし日ごとのレートの動き方次第で変わってくるらしいです。

FX(外国為替証拠金取引)のスワップポイントの獲得を目的に、FX(外国為替証拠金取引)の為替トレードをしている方もたくさんいるようです。

スワップ金利は業者によっても違うところがあるためほんの少しでも高い業者を使いたいものですよね。

とは言ってもスワップ金利(スワップポイント)は為替相場が変わることで一緒に動くので気をつけましょう。

併せてトレードをするにあたりチャートを読み取る力が大事になってきます。

このチャートを読む事で、為替の取引の動向を予想する出来るようになると言われています。

外国の為替初心者の方が見た場合、何の図表ですか?と疑問に思えるかもしれませんがツボを捉えておくことによって図の理解が出来るようになるみたいです。

どの辺から日本円が上がるだろうとか下がっている等ここで一番円安だとこのチャートを読む事で判定が出来て、為替トレードをするためにはこの上なく大切なネタとなるらしいです。

上記のグラフは日本の中ではローソク足(陰陽足)が使われ名前のままローソクの形のチャートで表示されています。

このローソク足を使って、高値とか安値また終値や始値等を表示していてグラフの上で多種多様な形となって行くのです。