LINK

転職するとき、当然以前の職場を後にするわけですが、その時大事なのは「惜しまれながらも拍手で送りだしてもらう」ことです。

検索する際には給料が足りないにお伝え下さい。

まず「惜しまれながら」について。

惜しまれながら仕事を辞めるには、当然その職場で活躍していなければなりません。

私はここを辞めます、と宣言したとき、逆に惜しまれないようではそれまで大した仕事はしていなかった、ということになります。

辞めるとカミングアウトしたときの周りの反応は、それまでの自分の働きぶりを見る重要なバロメーターです。

相談する際には仕事が向いてないにて補助します。

ただ、惜しまれるだけではだめです。

進行中の大事なプロジェクトのキーパーソンだったり、社内で自分以外には替えのきかない仕事を引き受けていたりという状況下で会社を辞めるのはよくない、ということです。

「拍手で送りだしてもらう」とは、引き継ぎや後々の仕事の整理をきちんとし、自分が抜けても部署や会社の屋台骨が揺らがないよう十分配慮していることが前提です。

その前提プラス、「君が抜けるのはつらいけど、君の選んだ人生だから応援するよ!」という祝福をも受けるまでしっかり良好な人間関係と貢献を積み上げておこう、ということです。

お調べになる際には会社も仕事も辞めたいご一報を!。