LINK

破産を検討する人で持っている借り入れに対して保証人を立てているときには、前もって相談しておいたほうがいいでしょう。仕事 辞めたい アフィリエイト

もう一度、改めて言いますが負債に保証人が存在するときは、破産申告の前段階によく検討しておかなければなりません。

というのはもし破産手続きを取って受理されれば、その人たちがあなたが借りた義務を果たす必要があるからです。

だから、自己破産以前に保証人である人にこれまでの経緯やおかれた現状を説明しつつ、お詫びの一つもなければいけないでしょう。

これらのことは保証人になってくれた人の立場に立つと求められることです。

破産申告するのが原因で、自動的に多額の支払い義務が生じるのですから。

そうなると、それ以降の保証人の行動の選択肢は以下の4つになります。

まず保証人となる人が「全部支払う」という選択肢です。

あなたの保証人が高額な金額をいとも簡単に弁済できるといったような貯金を用意しているならば、この方法ができます。

でもむしろそのまま自己破産せずに保証人自身に立て替えをお願いして自身は保証人である人に月々払っていくという手順も取れると思われます。

また保証人が破産を検討している人と良いパートナーである場合などは少しだけ完済期間を延期してもらうことも問題ないかもしれません。

それにひとまとめにして返金が不可能だとしても業者も話し合いにより分割支払いに応じることもあります。

あなたの保証人に破産申告をされてしまうと貸金がなにも弁済されないリスクを負うことになるからです。

保証人がそのお金を代わって立て替える財産がなければあなたとまた同様に何らかの債務整理をすることを選択しなけばなりません。

2つめの方法は「任意整理」を行う方法です。

貸金業者と相談することによって5年以内くらいの期間内で弁済する方法になります。

弁護士にお願いするにあたってのかかる経費は債務1件ごとに4万。

全部で7社から借り入れがあればだいたい28万円必要になります。

もちろん貸方との示談を自分でやることも不可能ではないですが、法律や交渉の知識がない素人の場合向こうがあなたにとっては不利な内容を投げてくるので、慎重である必要があります。

ただ、任意整理を行うということは保証人となる人に借金を払ってもらうことを意味するのですから、あなた自身はちょっとずつでも保証人になってくれた人に返済していく義務があります。

次の3つめは保証人となっている人も債権者とともに「破産を申し立てる」という選択肢です。

保証人となる人も返済できなくなった人とともに破産を申し立てれば保証人となっている人の義務もなくなります。

ただ、保証人がもし住宅等の不動産を所有している場合は所有するものを取り上げられますし司法書士等の職務にある場合は影響が出てしまいます。

個人再生という制度を活用できます。

最後の4つめの手段は、「個人再生という制度を使う」方法についてです。

マンション等の不動産を処分せずに債務の整理をする場合や、破産宣告では資格制限にかかる職についている方に利用できるのが個人再生による処理です。

この方法なら、自分の住宅は処分する必要はありませんし、破産手続きの場合のような職種にかかる制限、資格にかかる制限が何もありません。